明けましておめでとうございます。

新年を迎えたのを機に2016年のトレードを
振り返ってみようと思います。

2016年は,2015年の秋頃から始めた
うねり取りをメインにしつつ,

塩漬けポジが上に吹いた時に売りつなぎをして,
落ちて来たら,利確してをひたすら繰り返した1年でした。

このうねりポジと塩漬けポジの2銘柄だけで
2016年のすべての利益を出した感じです。

これ以外のトレードとしては,

2015年の夏に新規ロングした8銘柄を
あの大暴落ですべて塩漬けてしまい,

ものすごい評価損になっていたのを

2016年の最初まであれこれトレードして
プラスにしようと頑張ったのですが,

とてもプラスにすることができず,

2016年の最初にすべてロスカットしました。

その時の大損失は2016年の利益ですべて取り返し,

何とか2016年をプラスで終えることができたのは,

本当にラッキーでした。

このように,2016年をプラスで終わらせることができたのは,

2015年の秋から始めたうねり取りによるトレードのお蔭です。

2015年の夏の大暴落を経験するまでは,
空売りをほとんどしたことがなく,

ヘッジのかけかたすら知らないで
ロングオンリーのトレードをしていました。

今ならありえないトレードスタイルでした。

大損失を防ぐためには,ロングして下がるなら,

即座にヘッジを入れるだけのことだったのですが,

それすら知らなかったとは,本当に恐ろしい限りです。

当時,ロングしてて大暴落に巻き込まれても

簡単にロスカットできる評価損ではないために,
ロスカットすることができず,

ただ見てるだけで,ひたすら恐怖に震えて

買値に戻ることだけを祈っていた,

ど素人丸出しのトレーダーでした。

トレーダーは祈った時点で終わりですよね。

大暴落後,一気にリバして,買値近くに戻っても

ここまでリバしたら,すぐに買値に戻ると,

そのまま上がるのを期待したら,

さらに,もう一度大暴落。

そんなことを繰り返すこと数度。

その間,ほとんど何もできず,ただ見てるだけの
日々を過ごした当時を今考えると,

当時の私は,大ばか者でした。

さらに,当時はロット落として分散投資すれば,
安全と思って,

分野が違う8銘柄を同時にロングしたけど,

大暴落時には分野が違おうと

すべてが暴落するので,同じ株での分散投資は
何の意味もないことを学習しました。

それもあって2016年は,

うねり取りの1銘柄のみを基本トレードしていました。

1銘柄のトレードでもいろいろと考えることが多く,

私には1銘柄で十分といった感じです。

同時にいくつもトレードしてる人はすごいなあと思うばかりです。

塩漬けポジは上に吹かない限り,
売りつなぎを打てませんので,

こちらはトレードしたり,しなかったりと,

あまり利益をあてにできないポジです。

上に吹けば,ちょっとしたボーナスがもらえる

そんな感じのポジとなっています。

あと,2016年の秋頃からトレードの幅を広げようと

日経平均の先物ミニを始めてみました。

こちらはまだまだうまく波に乗れず,

試行錯誤の連続といった感じです。

ミニは,レバ100倍なので,

そのレバの大きさに全然慣れないですね。

今年は何とか先物を乗りこなしたいと思ってます。

現物2ポジでも十分に利益を出せるので,

あえて先物はしなくてもいいような気がしますが,

将来何が起きるか分かりませんので,

トレードの選択肢は増やしておきたいところです。

今年もうねりポジと塩漬けポジ,

練習用の先物ポジ。

この3つのポジを基本トレードし続ける予定です。

そして,うねり取りの技術をさらに磨き,

今年は,年利100%を目指したいですね。

トレードで利益を出すこつはと聞かれれば,

ツイッターにも載せていますが,

次の諸項目をひたすら守るだけですね。

1.相場に対して常に謙虚であれ
2.いかに損しないかを考える
3.上げ下げの周期的な日柄をみる
4.波動の流れを読む
5.天底まで取ろうとするな
6.リズムに乗ることを考える
7.建玉の平均値を有利にせよ
8.値動き以外の情報は一切無視(一大イベントは除く)

今年もこれに従ってトレードするのみです。

スポンサーリンク