実際にトレードをしていていつも思うことなのですが、ある株を安く買おうと思って、過去の値動きからその株の安値圏あたりにきたとき、あるいは、前の安値あたりにきたとき、そこで下げ止まるか分からないので、どこで最初の買いを入れるか、迷うことがしばしばです。

下がっている途中に買うと、さらに下がるのではないかという恐怖もあり、だからこそ、私は下がるという前提で分割で買っていくことが多いのですが、それでもやはり下げ止まらなかったら、どうしようという不安はあります。

なので、下げ止まったことを確認してから、買いを入れればいいだけのことなのですが、そのとき、心理的に邪魔をするのがアンカリング効果による株価に対する印象です。

どういうことかと言いますと、下げ止まりを確認するということは、どこかで下がるのがとまり、上がり始めたということで、上がり始めてから買おうとすると、直近安値より高く買わないといけなくなるので、買うのをためらうことが結構あります。

つまり、直近安値の株価がアンカーとなって、上がったところでの株価を高いと思ってしまうわけです。

せっかく安く買おうと思っていたのに、安値での買いを逃して、その安値より高く買うというのが悔しいし、下がっているのが一度反発したくらいでは、すぐには上がらず、もう一度落ちて来るのではないかと思うと、もう一度下がった時に今度こそは買おうと思って、そのまま買わずに待ってると、さらに上がってしまって、結局買えなかったということもしばしばです。

相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というのがありますが、そもそもどこが底値なのか分かりようがないのだから、直近安値で買えなかったとしても、買いたければ、買えばいいだけなのですが、アンカリング効果によって高いと感じてしまうと、ためらいがちになります。

そもそも株を買うということは、その会社の株主としてずっとその株を持っておく必要がない限り、利益がでれば、どこかで売るわけで、そのためには、買った位置より株価が高くなることが前提です。

つまり、利益をだすために買うという行為は、買った位置より上がるというのが大前提となっており、上がるのを確認してから買うというのは、自然であります。

上がるかどうか分からない株を買うより、上がるのが確認された株を買う方が安心でもあります。

もちろん、上がる始めたといっても、そのまま上がるとは限りませんが、少なくとも、下がっている途中にどこまで下がるか分からない中、買うよりかはいいような気がします。

これは売りの場合も同じで、直近高値より安くなって売ろうと思うと、直近高値での株価がアンカーとなって、そこより安く売るということに抵抗を感じたりするのですが、そもそも売るときは、株が弱ったときなので、高値を更新しているときにそもそも売り向かうこと自体、危険なので、直近高値より株価が下がって売るというのは、ごく自然なことでもあります。

しかし、アンカリング効果によって直近の株価によって現在の株価を高いと感じたり、安いと感じたりしますので、結局、現在の株価よりこの先上がるのか、下がるのか、単純にそれだけを考えるのがいいように思います。

強ければ、高くても買うし、弱ければ、安くても売ると、ただそれだけでいいのかもしれません。

人が主観的に感じる高い、安いというのは案外当てにならないものなのかもしれません。

ただ、高値掴みをして身動きが取れなくなってしまうことも多々あるでしょうから、そのあたりは気を付けたいところですね。

スポンサーリンク