株のトレードをしていてもなかなか利益を
あげられないときがあります。

さらに,利益を上げられないだけでなく,
損失を拡大してしまうことさえあります。

その理由について私の経験をもとに
書いてみようと思います。

私が損失を拡大してしまうときの一番大きな理由は,
自分が決めたトレードルールに従わなかったときです。

特に,次に3つの理由によって損失を拡大させています。

  • ロスカットが遅れる
  • ナンピンをしてしまう
  • ロットをあげたトレードをする

相場の地合いがいいと,意外と勝てることが多く,
調子にのってロットをあげたトレードをしてしまいがちです。

そして,ロットをあげたトレードをすると,
どのようなことが起きるかといいますと,

自分が決めたトレードルールに従えなくなってしまいます。

ロットをあげたトレードをすると,
決めたロスカットを実行するときに
自分がすぐに切れないロスカット額になっていることが多く,
ロスカットをためらってしまいます。

そのため,ロスカットのタイミングが遅れ,
さらに損失を拡大してしまいます。

また,地合いがいい時の感覚で,
トレードをしていると,

地合いの風向きが変わったのに気が付かず,
エントリー後,多少逆行してもまたすぐにもどると思い,
ナンピンをしてしまいがちです。

疑い深く相場をみているときは,
めったなことではナンピンはしないのですが,

勝ちが続いたりすると,
気持ちが緩んでしまいます。

そして,ナンピンをしてからさらに逆行すると,
さらに損失を拡大させてしまうことになります。

だいたいこのような理由で私の場合,
損失を拡大させることが多いです。

このようなことを避けるためには,

ロスカットをためらわずにできる
損失額になるようにトレードのロットを決める。

エントリー後,逆行してもナンピンはしない。

決めたロスカットは躊躇なく,実行する。

これらを守るだけで損失の拡大はほとんど防げます。

ただし,この前提としてあるのは,
利益が出るトレードルールに従って
トレードをしていることが条件になります。

トレードルールの期待値がプラスのルールでないと,
以上のことを守っても利益は残りませんので,

その点はお間違えないようにして下さい。

トレードをする上でトレードルールを守れないのであれば,
トレードをするのは大変危険だということを
覚えておく必要があります。

スポンサーリンク