2019年4月のトレードについてまだ書いていないことに
今気づきました。

4月は長い5月連休を控えていることもあり、

ポジ軽めでトレードを行っていました。

いつもの現物売り専用ポジによる空売りを繰り返しながら、

TOPIX先物による空売りトレード、

さらに、日経先物のオプションのコール買いも
初めてポジ取ってみました。

コールを初めて買ってみたのですが、

残存日数3日間でのロングということで、
思ったほど、プレミアムが上がらず、

ロングした次の日には+1円で逃げの決済をして
逃げておきました。

そのままSQまで持ち込んでいれば、
ただの紙くずになってしまうところでしたので、

+1円でも取れてラッキーでした。

ちなみに、残存日数3日で買ったコールは、

4月限C22000だったのですが、

22000円達成は、SQ通過当日のNSでした。

22000達成するという読みで、
C22000をロングしていたのですが、

SQ通過後の当日だったとは、
さすがにそこまでは読めませんでした。

また、4月は5月連休中にトレードできるように
今まで作っていたなかったCFD口座を作ってみました。

CFD口座をいくつか作ってみて気が付いたのですが、

業者によって1単位の大きさが違っており、

CFDでのトレードも先物と同じくらいだと思っていたら、

225先物ミニの10分の1でのトレードできるところもあり、

自分の資金に応じてレバを柔軟にコントロールできることが分かり、

早速、4月末からCFDでのトレードをしてみることにしました。

実際、CFDでのトレードを何回かしてみたのですが、

今のところいずれのトレードもプラスで利食いできました。

ただ、売りと買いのスプレッドの問題などもあり、

ポジをとった瞬間からマイナス評価になることや、

先物でいつもみていた板や歩値がないこと、

指数のトレードとは言え、

今までやってきた先物とはトレードの仕方が全然違うので、

どのようにトレードするかはしばらく試行錯誤になりそうです。

CFDでのトレードはまだ始めたばかりなので、

しばらくトレードをしてみて、
その感想をまとめてみたいと思います。

4月はオプションやCFDでの初トレードもあり、

5月連休を契機にして新しいことに
トライすることになりましたが、

4月も終わってみれば、

しっかりプラス利益で終わることができました。

5月連休を警戒してポジ軽めでトレードしたにも関わらず、
先月と同じくらいの利益でしたので、

相場の神様、どうもありがとう。

5月連休明けからは、現物のトレードとしては、
自分の現物ポジに対する空売りトレードをしつつ

CFDでのトレードをあれこれ試みることにして、

新規の現物はしばらくやらないでおこうかと思ってます。

スポンサーリンク