私は日足スイングがメインで、玉は逆張りでいれることが多いのですが、一番気を付けてることは資金管理です。

トレーダーとして一番恥なことは、トレーダーとして活動するための資金を失うことだと思っているので、何があってもその資金は守らないといけません。

そのため、最初に立てたストーリーと違ったら、ロスカットすべきところではしっかりロスカットするなり、危ないと思ったら、即座にヘッジするなりして、何があっても、相場に生き残る道を選ぶべきだと思っています。

トレーダーとしては、元に戻ることを祈った時点でもう負けてるわけですから、祈るより自分の手で何とかするしかありません。

一時的な損失は受けれて、その後、プラスにもっていけばいいだけのことなんですが、腕に自信がないと、それができないことがしばしばです。

それを考えると、相場を張るには流れを読む力と同時、相場技術も日々磨いていかないとだめだということがよく分かります。

自信をもって相場を張るには、それを裏付けるだけの技術がなければだめだということですね。

今回の下げでは、現物をいくつか買い下がりをしていますが、自分が決めたところ以外では玉をいれないようにして、資金管理を徹底しながら、買い下がりをしています。

ここでさらに玉をいれれば、ここから上に戻ったときには利益が増えるなと思うことが結構ありますが、玉が団子になると、もし、読みが外れたときには、痛い目に合うし、欲を出すと、ろくなことが起きないので、自分が決めたことを守るようにしています。

そのために、玉をさらに追加していれば、得られてであろう利益を取り逃がすことも多いですが、それは結果論であって、もし、逆にいかれてたら、それだけ損失が増えるわけで、長い相場人生、チャンスはいくらでもあると思えれば、そういうものだと思うようにしています。

ただ、そう思うようにしてるだけであって、私もただの人なので、ほんとは、悔しいですけどね。

しかし、大事な資金を失って退場する可能性があるトレードは、やはりすべきではありませんので、資金管理を考えたトレードを徹底してするべきだと思います。

今日は当たり前のことをもう一度自分に言い聞かせるために長々と書いてしまいました。

スポンサーリンク