現在、JPXで公開されている先物などの売買情報を日々考察しているのですが、それらの情報がどのくらいト自分のレードに役立つのかと、ちょっと疑問に思うことがあります。先物の手口分析ー日経225オプションの損益分岐点の出し方でも書きましたが、日々の先物の売買から損益分岐点を出したからといって、はっきりと未来の値動きが分かるのかというと、どうなんだろうと思うわけです。

もちろん、知らないより、知っていた方がいいですが、知らないからトレードができないかというと、まったくそんなことはなく、今週は自分のパソコンが使えないこともあり、日々の先物の手口分析はいっさい考察しないまま、トレードを行っていました。それで、先週までと何かトレードの仕方が変わったかというと、何も変わりませんし、いつも通りのトレードができていました。つまり、私のトレードスタイルの場合、先物の手口がまったく分からなくても何も困らないということが分かりました。

というか、それは先物の手口分析を今のようにしていなかったときも、なんの問題もなく、トレードができていましたので、先物の手口分析をみなくても、特に困ることはないだろうとは思っていましたが、手口分析をすると、もっとはっきりと未来の動きが読めるのかもしれないと思って、今のような手口分析を試みているところです。

ただ、今のように詳細に考察し始めたのが今年に入ってからであり、まだまだ考察の期間が短くはっきりしたことは分かりませんが、ひょっとしたら、このような考察をこの先長くにわたり続けていると、今まで見えてこなかった何かが分かるのかもしれません。それは長く手口分析をやってみないと、分からないことですから、これまで通り日々先物の手口を分析していくしか本当のところは分かりません。しかし、先物を売買している大人たちは、当然、他の大人たちが自分たちの売買内容をある程度把握しているものとして日々トレードを行っているでしょうから、そう簡単には手口が分からないようにしているとは思います。

今年に入ってからは先物の手口分析を昨年よりももっと詳しく日々考察してきましたが、私のトレードスタイルでは、そのような情報はさほど重要ではなく、私のトレードに必要なのは、読みと違う動きをされたときの対処方法の技術、つまり、建玉操作の技術、こちらの方がはるかに先物の手口情報よりも重要だということを再認識しているところです。

結局、トレードは、読み通りの展開でトレードができている限り何の問題もなくトレードができるわけですから、読みと違う展開になったとき、どう対処するか、そこさえしっかりしていれば、どうにでもなるということですね。

スポンサーリンク