株の売買を短期間で行うスイングトレードは
実践するのが難しいのでしょうか?

スイングトレードは1日で売買を終わらせる
デイトレードよりかは難しくないと聞きますが、

それを実践するにはかなりの我慢と忍耐が必要です。

なぜなら、スイングトレードは仕掛けた位置から
ロスカットにならない範囲で逆行することがありますし、

利益がのってきても株は一直線には上昇しませんので
利益が増えたり減ったりするのを見つつ
利益を伸ばしていかなければなりません。

特に、利益がのってくると、
それが少しでも減るのが耐えられず
早めに決済をしてしまいがちです。

そのため、さほど利益がでないこともしばしばです。

スイングトレードは利益がのってからの
決済のタイミングがとても難しいと思います。

このくらい利益が取れれば満足と思ってい
る決済ポイントがあれば、

何も考えずにそこで決済をしてしまえばいいのですが、

出来る限り利益をのばそうと思うのであれば、
それなりのテクニックが要求されます。

そして、そのテクニックとともに
決済ポイントに至るまでの含み益の増減に一喜一憂しない
我慢と忍耐が要求されます。

スイングトレードをしていて含み益が目の前で消えていく
あの悔しさはつらいものがありますね。

ただ、決済するときにちゃんと利益が出ていれば、
スイングトレードとはそういうものだと思うしかありません。

スイングトレードにおいてのっていた利益をすべて取る
というのは本当に難しいことだと思います。

スイングトレードを目指すのであれば、
エントリーポイントから決済ポイントまでの値幅がすべてで
その途中段階における消えてしまった含み益については
考えないようにする努力が必要です。

スイングトレードをしていると、

もっと利益が出ていたところで決済すればよかったと思うことが
本当によくありますので、

それをいちいち気にしていてはとても身が持ちません。

なので、スイングトレードをするのであれば、
そのことをよく分かったうえで行うのがいいですね。

スポンサーリンク