自分のトレードルールに従ってトレードしているとき

エントリーすべきポイントに来たら,

迷いなくエントリーする必要があります。

もちろん,第六感が働き,エントリーすべきでない
と判断するなら,その限りではありませんが,

そうでないならば,エントリーすべきときには
エントリーしなければ,トレードができないでしょう。

しかし,損失を出してしまうのではないかという恐怖から
なかなかエントリーできずにじっと見ているだけに
なってしまうことがあります。

そのようなときは,だいたいにおいて
相場に確実性を求めているような気がします。

エントリーしたときから確実に利益が出る

その確信がないからこそエントリーするのを
ためらうのではないでしょうか。

その気持ちは本当によく分かります。

実際,私もそれでエントリーできなかったことが
何度となくあります。

私の場合,エントリーすべきときに
エントリーできないで,

ただの傍観者になってしまうときは,
損切りが連続して続いたときが多いですね。

そのようなとき,自分のトレードルールに
自信が持てずに,また損切りになるかもと思うと,

怖くて手が止まってしまう,

そんな感じです。

損切りが続くと,エントリーしたら,
確実に利益が取れるところだけで
エントリーしたいと思いがちですが,

しかし,そもそも相場に確実性を求めるのは
無理というのものです。

相場はどのようにでも動く

まずはそのことを強く意識する必要があります。

だからこそ,資金を守るための
ストップロスを必ずおくわけです。

エントリーした位置から上がるか,下がるか,
あるいは,そのまま横ばいか

そのどの確率が高いかを考えて
エントリーすべきときにはエントリーする

その心構えが必要です。

相場に確実性を求めていたら,

いつまでたってもエントリーすることができません。

相場はトータルで勝つものなので

個々のトレードの結果に気持ちが左右されていては
トレードを続けていくことはできないでしょう。

トレードを始めた頃は,なかなかそのようには
いかないものですが,

トレードを続けていくためにはそうするしかありません。

損失を出すのが怖くて
なかなかエントリーできないのであれば,

相場はどのようにでも動く

ということを,まずはしっかりと認識し

その上で,自分なりにどうすべきかを
考えていくしかありません。

これは,トレードで成功するためには
誰もがどこかの段階で必ず乗り越えた
壁のようなものかもしれませんね。

スポンサーリンク