株のトレードの手法には様々な方法があり,

トレードしている人によって使っている手法は様々だと思います。

私はスイングトレードを意識しつつ,エントリーした日に利益が出れば,
その日に決済することが多いです。

つまり,状況によってデイトレードになるわけです。

もし,エントリーした日に利益がでなければ,
そのままオーバーナイトとなるわけですが,

なんとなくやばい雰囲気を感じたら,たとえ利益が出てなくても
その日に決済してしまうこともあります。

トレードで利益をのばすには,利が乗っている間は決済せずに
のばせるところまで,のばすのがよいとは思うのですが,

利益がすでに出ているのに,次の日に持ち越したことにより
次の日に下落して損失を出したことが何度もあり,

最近はそれが怖くて,エントリーしてすぐに利益が出れば,
その日に決済をしてしまいます。

本当は次の日に持ち越したいところなのですが,

利益を失うのが怖くてなかなかそれができないでいます。

ただ,私がスイングトレードを意識しつつエントリーしているのは,

エントリーした日に利益が出なくても,次の日や数日で利益が出るなら,
ある程度心にゆとりを持ってエントリーできるかなと思っているからです。

エントリーした瞬間からすぐに下がるかもという気持ちでエントリーするのと,

上がらなくても数日で上がるさ,と思ってエントリーするのでは
気持ちが全然違う感じです。

さて,私がロングのポジションを持つタイミングは,

注目していた銘柄が底値にあると思ったときか,
上昇トレンドの押し目を狙うことが多いです。

なぜ,その位置でエントリーするかと言いますと,

損切り位置までが浅いので,もし,トレードに失敗しても
損失を最小限に抑えることができるからです。

トレードを始めた最初の頃は,上がり始めたのを確認して
エントリーをしていたため,

エントリーした位置が一番高いところだったり,

たとえその位置から上がっても
利幅がほとんどとれないことが多かったです。

それに,上がってからエントリーしたのでは,
損切り位置までが深く,損切りになった時の
損切り額が大きくなってしまうのも問題でした。

そこで,損切り位置を浅くするようなエントリーができないかと考え,

底値でエントリーするか,上昇の押し目でエントリーするのが
一番よいのではないかと思い

今はそれを実践しています。

しかし,どこが底値か正確には読めませんので,

底値だと思ってエントリーしたのに,
さらに底値があったのかと思うことが何度もありました。

底値を拾うのはなかなか難しいですね。

エントリーした位置が底値でなければ,
さっさと損切りをして,さらに下で入り直せばいいのですが,

現物買いしかできない私は,一度決済してしまうと,
同じ日に同じ資金でもう一度同じ銘柄を買うことができませんので,
とても悩ましいところです。

信用買いであれば,そのような問題はおきないのでしょうけど。

上昇トレンドの押し目狙いも,結局は,底値を狙うのと
似たような感じでしょうか。

ただ,その位置で反転してくれず,そのまま下落ということもありえるので,
その場合は,やはり損きりで逃げるしかないですね。

まだまだ底値や押し目を的確に狙っていけるほどのスキルがありませんので,

まだまだ修行が足りないなあと思っているところです。

ちなみに,底値や押し目がどこかを判断するときには,
株価や出来高,チャートの形などを参考にしています。

特に,株価と出来高に注目してあれこれ判断しています。

どのように判断しているかは,いずれ具体例を挙げながら,
説明してみたいとは思いますが,

まだまだ自信を持って,こうだ,と判断しているわけでは
ありませんので,

自信を持って判断ができるようになったときに,
このブログで書いてみたいと思っています。

いつになるのやら。(笑)

スポンサーリンク