株のトレードを始めるときには,しっかりとトレードルールを
決めておく必要があります。

どのようなトレードルールかは,自分の生活スタイルなどに
合わせて決めればよいと思います。

ただし,そのトレードルールは大数の法則に従って

トレード回数が増えるに従って利益が出るものでなければなりません。

大数の法則とは,たとえば,コインを投げをして裏表が出る確率は
コインを投げる回数が増えるに従って1/2になっていくことです。

コインを投げる回数が少ないと,ちょっとした偏りが出て
1/2の確率にならなかったりします。

トレードもこれと同じで,トレード回数が増えるに従い
利益が出るトレードルールを実行しなければなりません。

必ず利益が出ると分かっているルールであれば,
個々のトレードにおいて損失が出たとしても
いずれ利益が出始めると分かっていれば,
安心してトレードを続けることができます。

トレードで全勝することは基本的にありえませんから

個々のトレードの勝ち負けよりもトータルで
利益がでる選択をしていかなければなりません。

さて,トレードを始めるときには
必ずトレードルールを決めてから始めて下さい。

そして,ひとたびトレードを始めたら,
そのトレードルールは必ず守りましょう。

もし,そのトレードルールに従い10回くらい
トレードをしても利益がまったくでなければ,

そのトレードルールの何かが間違っているということです。

その場合,何がおかしいのかを検証してトレードルールを修正します。

そして,新しいトレードルールでまた10回くらい
トレードをして利益が出るかどうかを検証します。

あとは,この繰り返しで,利益が出せる,
自分なりのマイトレードルールを作り上げます。

トレードルールの検証のためには,
必ずそのルールにのっとったトレードを行う必要があります。

トレードごとにルールが違ったのであれば,
ルールの検証が難しくなりますので。

なので,トレードを始める前に決めたトレードルールは
しっかりと守る必要があります。

こうしてこそ,ルールの検証ができ,利益が出せる
マイトレードルールを作ることができるわけです。

そのようなルールができあがれば,

それにしたがってトレードを続ける限り
利益を出していけるわけですから,

あとは,機械的にトレードをひたすら繰り返すだけになります。

トレードを行う際には自分が決めたトレードルールを守る,

これが重要なポイントです。

スポンサーリンク