今週で3月相場が終わるとともに、2017年度の相場が終わった。来週からは、新年度がスタートする。これを機にさらに自分の技術を高めるためには、どうすればいいのか、いろいろ考え、実行していこうと思う。

さて、3月相場が終わったが、3月はいつもの私のうねりの銘柄が安値圏に入って来たので、ずっと買い下がりをして終わってしまった。買い下がりをしながらも、少しでも利が乗った買い玉はその都度利食いをしつつ、買い下がったので、多少なりとも利益は出せたが、基本は、まだ仕込みの段階で利益らしい利益はあまり出ていない。うねり取りは大きなうねりを取る感じなので、買い下がり途中での利益はあまりたいしたことがないし、期待はできない。ただ、今回の下げは、おととしの夏あたりの強烈な下げに匹敵するほどの下げで、買い下がり始めたときは、ここまでの下げはちょっと驚き。

もちろん、買い下がるときは、安値圏に入ってきたあたりから買い下がり始め、そこからさらにここまでは下がらないだろうというところまで下がるという前提で買い下がるので、今回一番深く下がったときでも、まだまだ買い余力は残っていたし、実際、今回の下げでの最安値と1円違いでも買い増しをしているので、そんなに今回の下げでは、困ることはないのであるが、さらに下がるという前提で、昨日までに利が乗った買い玉はすべて利食ってしまった。来週以降、このまま上に上がって行かれると、利食ってしまった分の利益が得られなくなるが、今回の下げはほんときつく、この先何が起きるか分からないと思ったので、ひとまずリスク軽減の方向で動いた。

毎回、トレードするたびに、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことだらけだが、いかに損しないか、相場に生き残るにはどうすればいいのかを考えて、ひたすら退場しないようにしつつ、利益を少しずつ積み上げていくスタイルなので、そのとき、得られた利益で満足して、次のトレードに備えることにしている。

今回の現物うねりの買い下がり、なんとかプラスで終わらせたいものである。来週以降、このままできれば、上がって欲しい。

さらに、3月相場では、しばし休んでいた先物トレードを再開してみた。225ミニの値動きは、私の先物資金的にちょっと怖いので、値動きが225より穏やかなTOPIXミニをトレードしてみることにした。トレードに際しては、トピックスミニの板注文ができる証券口座を新規に開設し、その板でのデイトレードを目指してみた。しかし、まだ新規のツールの使い方がよく分からなかったり、そもそもデイトレが下手なこともあり、お試しトレード程度で、まだまだ本格トレードには程遠く、3月はトピミニを数回トレードしただけである。ただ、それらのトレードではいずれもプラスで終えることができたので、とてもラッキーであった。

実際にトピミニを板でトレードしてみると、トピミニの板は薄く、値がよく飛び、板での動きが早い。それに、デイの手法が私はまだ確立しておらず、4月相場からは先物をどのようにトレードしていくか、試行錯誤しながら、挑戦してみようと思う。

先物資金が潤沢であれば、現物の手法で先物も十分トレード可能だと思うが、今の資金ではそれはとても厳しそうなので、今の資金でできるトレードスタイルをまずは確立していこうと思う。

スポンサーリンク