株の相場には仕手筋の仕手株が少なからず存在しており,

それらの動きにうまくのることができれば,
それなりの利益を得ることができます。

しかし,仕手株に下手に手を出すと,

必ずと言っていいほど,
損失を出してしまいますから注意が必要です。

私も仕手株だと分かっていながら手を出して,
痛い目に何度もあわされました。

仕手株はエントリーのタイミングが難しく,

動き出すかなり前から仕込んでおかないと

なかなか望むような利益が得られないですね。

しかも,いつ動くかよく分からないために
かなり前から仕込むと,

動き出すまで資金を回転させることができず,

その間,他の銘柄を扱うチャンスを逃してしまうことが
私はかなり多かったです。

先日も何ヶ月にも渡って動きを監視していた低位株の仕手株が
決算発表の数日前から上がりそうな気配を漂わせ,

決算発表の次の日の寄り付きで,一気に株価が上がり,
そこからさらに上がるのかと思いきや,

ほぼそこが寄り天であとは少しずつ下がっていく
という光景を目撃しました。

その後株価がどうなるかはまだよく分かりませんが,

少なくとも決算発表後の寄り付きで買っていたら,
評価損になったり,損切りになったりで,
確実に損失を出していたと思われます。

もちろん,買い圧力が凄まじければ,
そのまま上昇していくでしょうが,

その仕手株を何ヶ月も監視していた私が見ると,

おそらく,今日は寄り天だろうなあと思って
見ていました。

このような状況を目撃すると,

仕手株を仕込むときは,
株価がかなり安値圏にあるときから監視していて
動きそうな気配を感じたら,エントリーしてみる。

そして,すぐに動きそうでないなら,一度逃げて
次のチャンスをまた待つなどをすればいいのかもしれません。

資金に余裕があれば,とりあえず,安値圏でロングしておけば,
そのうち上がるだろうという気持ちでもいいかもしれません。

しかし,いずれにしても,低位株が上下に1円動く難しさを考えると

値動きの良い高い株を扱った方が利益を得る確率が高いように思います。

資金が少ないと,高い株は少ししか買えませんが,
それでも値幅があれば,それなりの利益が出せると思います。

低位株には低位株なりの良さがあり,
資金が少ない時は,とても捨てがたい存在ですが,

低位株には低位株なりのリスクが伴いますので,

そのあたりをしっかりと考慮した上で,
扱うべきだと思います。

スポンサーリンク