株のトレードを始めるにあたり,証券会社に口座を開き,
2014年10月末に生まれて初めて株を買ってみました。

株を買うという行為自体が初めてでしたので,

株は怖い,

というイメージがあり,

最初は,私がよく知っている会社の株で数万円で買えるものを探し,

当時,300円そこそこだった株を100株だけ買ってみました。

100株なので,3万円ちょっと買っただけでしたが,

買った直後は,買値から下がるのではないかと,
ハラハラドキドキしてました。

そうしたら,やっぱり下がってしまい,

株は怖いというイメージそのままでした。

なぜ,株は買ったら下がるのだろうか,と
本当に思いました。

それまで株取引をしたことがなく,

ただ持っているだけで,お金が減ることを
経験したことがありませんでしたので,

1円でも損したくないという思いから損切りはせずに,

とりあえず,上がるまで待つかと

その後,しばらくホールドしていました。

その後,1週間ほど経つと,買値より5円ほど上がったので,

すかさず利益確定をしました。

100株しか買っていませんでしたので,

生まれて初めての株取引での利益は,500円でした。

実際はそこから税金20%などが差し引かれるので,
利益はもっと少なくなりますが。

それはともかく,利益が少しでも出ましたので,
そのとき,もっと買っていればなあと思いました。

まあ,それは結果論というものですね。

ところで,今その会社の株価を見てみますと,

500円を越えたりしていますので

そのまま持っていればなあ,と思ってたりします。(笑)

株のトレードをしていますと,
時間が経ち株価の変遷が結果として分かると,

~だったらなあ,~してたらなあ,

と思うことがしばしばです。

しかし,それは結果論でしかなく,いくらそう思っても
仕方がないことです。

私はトレードの稚拙さの反省はしても
タラ,レバのことは考えないようにしています。

しかし,そうは言ってもなかなかそうできないものですけどね。

スポンサーリンク