株のトレードをしていて,一番怖いのは大損をして,
トレードに使う資金を失うことです。

そうならないためには,トレードに伴う損失は
トレード活動を行うための必要経費と思って
その損失を受け入れることが重要です。

しかし,そうは言っても多くの人は
損をすることを嫌いますので,

よく言われる「コツコツ,ドカン」で
大損失を出してしまい,トレードの資金を失い,
トレードから退場となってしまったり,

たとえ活動資金が残っていたとしても
トレードが損をするという恐怖でできなくなってしまいます。

かく言う私も多くの人が経験する「コツコツ,ドカン」を
何度もして,大損失を出してしまい,

ある程度の活動資金は残っていたものの
一時,トレードするのが怖くて手が止まっていました。

しかも,ものすごい評価損をかかえたとき,
すぱっと損切りすることができれば,まだましな方で

あまりの評価損の大きさに
損切りができずにずっとホールドしている,

いわゆる,塩漬け株を持っていると

ただでさえ大きな評価損なのに,

さらにその評価損が増えるのではないか
という恐怖の日々を送ることになります。

そうなると,精神的にもかなりまいってしまい,
正常な日常が遅れなくなります。

そうならないためにも,

損切りはしっかりとすることが本当に大切です。

これは実際にそのようなことを経験しましたので,

損切りがいかに重要かが本当によく分かります。

では,損切りをするためには,どうすればよいかですが,

株を買うときには,損切り価格と,利益確定価格
あらかじめ決めておくことです。

利益確定価格が決められないときには,
最低限損切り価格は決めておくべきです。

それができないのであれば,株を買ってはいけません。

そして,あらかじめ決めた損切り価格になれば,
躊躇なく損切ることが重要です。

実際に,その損切り価格になると,
ひょっとしたらまた上がるかもと思って
その損切り価格を引き下げてしまったりしますが,

それをすると,大損の可能性が大きくなります。

ときには,損切り価格を下げたことにより,

結果として,損失をまぬがれ
利益を出すこともあるかもしれませんが,

それは単にラッキーだっただけで,
それが毎回続くとは限りません。

むしろ,いざ決断を迫られると,損切り価格を動かす
という癖がつく方が怖いです。

損切るという行為は自分の大切なトレードの資金を守る上で
本当に大切なことです。

活動資金さえ残っていれば,トレードを続けることができますので,

トレードを続けたいのであれば,

ひたすら損失を最小限に抑える
努力をする必要があります。

利益をいかに大きく出すかを考えるよりも,
損失をいかに小さく抑えるかを考えた方が

結果からみると,意外と利益が残るものです。

トレードにおける損失は必要経費と思って
損失を受け入れましょう。

このような損失はトレードに限ったことではなく,

たとえば,パン屋を経営していると,パンを売るためには
パンを作るための材料や光熱費,そして,広告費など
パンが売れる前からある程度の費用がかかっています。

それらの経費はパンが売れなければ,すべて損失となるわけで
それはトレードにおいても同じです。

上がると思って買った株が上がらなければ,
それは作ったパンが売れなかったのと同じで
そのトレードにおいては損失が出たというだけのことです。

宝くじを買うときや,馬券を買うときには,
最初にお金を出してそれらを買いますが,

それは最初にそれ以上損失が出ないという損切り額を
あらかじめ決めているようなものです。

トレードもそれと同じです。

トレードに損失は避けられないものと考え,
損失を出すのを前提に利益が出る手法を実践していく
必要があります。

スポンサーリンク