トレードの練習方法は分かったけど,

いざトレード練習するとなると,

損するのが怖くて
なかなか最初の一歩を踏み出せないこともある。

最初の一歩が踏み出せない理由としては,

玉を建てた後,上に行くか,下に行くか
よく分からないから,踏み出せない場合もあろう。

そのようなときは,とりあえず,
次のように売りと買いの玉を建ててみればよい。

1-1

こうしておけば,上がろうが,下がろうが,
恐怖心を感じることはない。

実際にトレードしてみると,
よく分かることであるが,

リアルに玉を建てると,
相場の動きを切実に感じるようになる。

この切実さを感じることが大切である。

さて,1-1で玉を建てたあと,

上か,下か,どちらかに動くはずである

下に動いた場合,買い下がりすることにして

-1

と買い玉を追加してみる。

そうすると,

残玉:1-2

となり,

買いの平均値が下がる。

これは,-1から始めて,

下がったので,-1と追加して

残玉:0-2

とするのと,考え方は同じである。

ただし,1-1から始めた場合は,

追加買いする位置では1-1で建てた
売り玉の含み利益が出ているので,

それを追加買いの買い玉でつないだとも言える。

あるいは,追加買いするときに,
1-1で建てた売り玉を利食いする手もある。

これだと,最初に売りを入れずに,
-1,-1と買い下がり,

0-2

となったのと同じになるが,

0-2の時点では
売りの利益をすでに得ている点が異なる。

しかも,その利益は最初に建てた買い玉の評価損と
同じであるため,

実際は手数料などの分がひかれるが

0-2にした時点で実質の損失はない。

残玉が0-2になれば,

トレードの基本練習で残玉が
0-2になったのと同じである。

売りを利食わずに,1-2にした場合は,

その後,いろいろな建玉操作が考えられるが,

それはまた別の機会に書いてみることにする。

いずれにしても,最初に玉を建てる恐怖心がないのが,

1-1からのスタートである。

私がトレードを始めたころ,でたらめなトレードをして

大損失を出した後,トレード恐怖症になり,

何ヵ月かまったく玉を建てることができなくなったことがある。

そのとき,1-1のスタートを何度も何度も繰り返して
トレード恐怖症を克服したことがある。

1-1からのスタートは,玉を建てるのに恐怖心もなく,
常に規格化されたスタートなので,

トレードの練習にもってこいの方法であった。

スポンサーリンク