トレードにおいては買いだけでなく,売りも使うと,トレードの幅が広がるだけでなく,トレードの利益効率も格段に上がります。

しかし,実際に空売りをしようとすると,空売りの損失は青天井だし,また,踏み上げに合うのではないかと思って,空売りがなかなかできないのも事実です。

実際,私が初めて空売りするときは,かなり恐怖を感じてエントリーがなかなかできませんでした。

売りで入り,逆行すれば,すぐにロスカットすればよいのですが,実際は買いと同様になかなかそのような行動をとれないだろうと思うと,空売りすることをかなりためらいがちになります。

ロスカットをためらうと,ものすごい損失になりそうだからです。

そのため,信用取引を始めて空売りができるようになってからも長らく空売りをすることがありませんでした。

しかし,昨年のような乱高下の激しい相場を経験すると,売りができないと,とても利益がだせないと思い,空売りの恐怖を克服する方法がないかと,あれこれ考えてみました。

そこで,実際に試してみてうまくいったのが,空売りしてから逆行したときは,すぐに売りと同数の買いヘッジをいれて両建てにする方法です。

これは買いで入って,下がってしまったときと同じ考え方なのですが,買いヘッジを入れた時点で損益が固定されますので,その後,どんなに暴騰しても損失が青天井になることはありません。

そして,上がった株はいつかは必ず落ちてきます。

上がり続ける株はありませんので,上げ止まるまでしばらく両建てのままじっと我慢します。

あるいは,上げがしばらく止まらないと判断すれば,売りを切らずに買いを追加するか,売りを切って買いにドテンするかですね。

そして,下げ始めたときに追加の売りを入れ始めます。

買いにドテンしているときには新規の売りになりますが,そのときは,また上と同じ行動をとるだけです。

さて,追加の売りを入れる場合,そのタイミングが難しいのですが,もし,追加の売りを入れてからも上がるようでしたら,追加の買いヘッジをいれればいいだけのことです。

このようにすることにより,空売り時の踏み上げの恐怖を克服することができます。

空売りしたいけど,踏み上げが怖くてなかなか空売りができないときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク