トレードにおいて損切りは,
避けては通れない大切な行為です。

しかし,損切りをしてしまうと,損失を出したことで
後悔してしまったり,

損切りした後に,そのままホールドしていたら
利益が出る結果となってしまったら,

損切りしたことをひどく後悔したりします。

まあ,決済をしてしまった後の結果をみて,
「タラ」,「レバ」の話をしてもしょうがないですし,

そもそも損切り決済をしてしまった後に,
利益が出てしまうような位置に
損切り位置をいれておくのが間違いでしょう。

エントリーをするときは,必ず根拠ある損切り価格を
決めておく必要があり,

その損切り価格で,たとえ損切りになったとしても

根拠ある損切り価格である限り,それは正しい損切りで,

そのトレードを行う上での必要経費だったと考えるべきです。

つまり,正しい損切りは後悔すべきことではなく,
むしろ正しいトレードができたと喜ぶべきことだと思います。

もし,自分が決めた損切り価格で損切ることができなかったら,

大損失を招いたかもしれず,たとえ,損切った後,
決済しなかった方がよかったと思う状況になっても

それは結果論というもので,損切った時点での判断は
正しかったと思うしかありません。

もし,損切りすべきところで損きりせず,

その後,運よく利益を出せたとしても,

そのようなラッキーなことがいつまでも続くわけがなく,

損切りしないで,結果として利益が出たことにより,
むしろ損切りをためらうようになり,

いずれは損切らないことによる大損失を招くことになるでしょう。

これは,実際に私がそうであったので,
損切らないことによる失敗トレードが数多くあります。

私の過去のトレード記録を振り返ってみると,

損切りをしっかりとしなかったときの負けがとても大きく,

その損失のおかげでコツコツ積み上げた利益が吹っ飛んでいく
ということが多々ありました。

もし,自分が決めた損切り額でしっかりと損切りし,
必要最小限の損切り額で決済することができていたら,

今頃はかなりの利益が出ていたのにと思うばかりです。

損切りはトレードにおいて必ず必要となるスキルと
理屈ではいくら分かってはいても,

いざそのような状況になると,

損切りをためらうことがしばしばですが,

スマートな正しい損切りができるように
ひたすら研鑽をつむしかないですね。

トレードにおいて何よりも大切なのは,

資金をしっかりと守る

資金さえしっかりと守ることができれば
トレードを続けていくことができますので,

必ずトレードがうまくなります。

一番怖いのは,資金を失うことによって
トレードを続けることができなくなることです。

トレードを続けたいのであれば,
何があっても資金管理だけはしっかりとしましょう。

スポンサーリンク