トレードにおいては損切りは
どうしても避けては通れない道ですが,

トレードを始めた頃は,その損切りがなかなかできず,

いわゆる,

コツコツ,ドカーン

を何回もしてしまいがちです。

実際,私もトレードを始めた頃は,
そのコツコツ,ドカーンをいやというほど
経験しました。

その甲斐あってか,

今ではドカーンと負けることがなくなりました。

今ここで損切りをしなければ,

あとで,必ずドカーンとなる可能性が高いと
身に染みて分かっているからです。

もちろん,損切りにしなかったことにより,
プラスの利益になったこともありますが,

そのようなケースで利益になった額より,

ドカーンとなった損失の額が圧倒的に多いため,

結果として,かなりの大損失となる場合が多いのです。

なので,損切りは資金を守る上でとても大切なのですが,

それがなかなかできないものです。

そこで,損切りを躊躇なく行うには
どうすればよいのかを考えてみました。

  • トレードによる期待値がプラスになるトレードルールの確立。
  • 恐怖を感じない損失額になるようにロットを落とす。
  • 損切りはトレードで得た利益の範囲内で行う。

この中で,トレードによる期待値がプラスになる
トレードルールに従ってトレードを行うことは
とても重要なことですが,

そのルールにあとは自分が従えるかがポイントとなります。

決めたルール的に損切りになるとき,
損切りができなければ,
意味がありませんから。

もし,そのとき,損切りをためらうようであれば,

そのトレードルールを信じていないか,

損切り額が自分の精神的負担に耐えられる
額じゃないかのどちらかではないでしょうか。

もし,後者であれば,

自分が恐怖を感じないで損切りできる額まで
エントリーのロットを落とすとよいです。

3万円の損切りはできないけれど,

5000円なら,躊躇なく損切りができるならば,

そのような損失額になるようにすべきです。

ロットを落とすと,利益がなかなか出ませんが,

損切りが怖くてエントリーをためらうよりかは

少ない利益でも確実に利益を積み重ねる方がよいです。

ロットを落とすと,利益が薄いので,

そのようなトレードを続けても損切り貧乏に
なるのではないかと思うかもしれませんが,

もし,そうであれば,それはトレードルールが
間違っているということです。

トレードの期待値がプラスになるルールに従って
トレードを続けている限りは

トレードの利益がプラスにならなければ
おかしいからです。

なので,損切りが怖いのであれば,

デモトレードなので,

トレードの期待値がプラスになるルールを確立してから
実際に自分の資金を用いたトレードを行うべきでしょう。

そして,期待値がプラスになるルールと分かっていても
なかなか損切りができないのであれば,

損切り額を自分が許容できる額になるように
ロットを落としてトレードするべきです。

ロットを落とすと,利益がなかなか増えませんが,

それでもトレードを続けている限りは
利益は増え続けることになります。

要は,トレードを行うことにより,
資金が増えていればいいわけですから,

たとえ,利益がなかなか増えなくても
資金を減らしていなければ,
トレードは続けられるわけですから
問題はないと言えます。

少ない利益でも積み上がってくれば,
それなりの額になりますので,

そうなってくれば,

今度はエントリーのロットを増やすとよいでしょう。

少ない利益でもそれが積み上がるような
トレードルールでトレードしているわけですから,
ロットを増やしても基本的には利益はでるはずです。

ただ,ロットを増やすと,

損切り額が大きくなり

今までは躊躇なくできた損切りができなくなる
可能性はあります。

その場合,トレードで得た利益の範囲内で
損切りができるようにロットを調節すると,

私の経験上,損切りを躊躇なく行えます。

これが自分の自己資金を減らすような
損切りになると,

損切りをためらいがちになりますので。

私は,他の人もそうかもしれませんが,

自己資金を減らす損切りはなかなかできないですが,

トレードで得た利益が減るだけの損切りは
案外躊躇なくできるものです。

つまり,トレードで得た利益は
最初からなかったと思えばいいわけです。

しかし,トレードで一度得た利益は
自分の自己資金と同じものだと考えてしまうと,

それを減らす損切りが恐怖になりますので,

トレードで得た利益は自分の自己資金とは違う
と思っていた方が気がとても楽になります。

トレードで損切りを躊躇なく行うためには,
次のような順番でトレードを行うとよいでしょう。

デモトレードなどでトレードの期待値が
プラスになるルールを確立する。

損失額が恐怖を感じないように
エントリーのロットを落とす。

エントリーのロットを増やしたければ,
トレードの利益の範囲内で損切りができるロットにする。

このような順番でトレードを行えば,
最終的に大きな利益を出せるようになると思います。

まずは,損切りが躊躇なくできるようにロットを落とし,

少ない利益をコツコツと積み上げ,

トレードで得た利益の範囲内で損切りを
続けられるようにするのが

トレードで損切りの恐怖を克服する方法だと思います。

スポンサーリンク