ここ数ヶ月空売りを少しずつ実践し始めて思ったことは
トレードにおいて空売りのスキルは必須だということです。

空売りを覚えるまでは現物の買いしかしていなかったのですが,

それだと,買って下がったら,損切りか,
上がるまで塩漬けになるかでした。

しかも,買う時は,買った瞬間から下がるかもしれない
という恐怖を味わうことになります。

株に関する様々な掲示板をみても
買いで入っていて,塩漬けになっているのか,

なかなか上がらない,この株は!

なんていう書き込みを多くみることができます。

空売りを覚えるまではその気持ち,
ほんとうによく分かりました。

実際,そういう目に何度も私自身あってきましたので。

しかし,空売りを覚えてからは,
世界がまったく変わって見えるようになりました。

買ってもなかなか上がらないというのであれば,
売ってみればいいじゃんと思えるようになったのです。

上がらないのであれば,売ればいい,それだけのことでした。

しかし,実際に売るとなると,
これがまたすっごく勇気がいるのは確かです。

売って踏み上げられたら,どうしよ
こんな安値から売って,さらに本当に下がるのか

などなど,売る時は買いの逆のことを考えるようになります。

確かに売りには売りの難しさがありますが,

少なくとも買いで入って下がってしまったら,
それ以上,損失を増やさないためにも
売りを買いと同数入れるか,あるいは,少しでも入れて,
両建てにしておけば,気持ちにかなり余裕ができます。

気持ちに余裕ができれば,状況を冷静に見れるようになりますので,

さらに,下がり続けるようであれば,売りを増やすか,
買いを切るかなどの建玉の操作をしてしのぐことができます。

これが買いだけしか持っていないと,
ひたすら下がり続ける恐怖と戦い続けることになります。

その恐怖といったら,ほんと半端ないですね。

そうならないためにも,トレードを安定的に行うためには
空売りのスキルは必ず身につける必要があると思います。

実際私は空売りを始めてみてからそのことに気が付きました。

トレードを始めた頃,信用取引は怖いというイメージから
現物買いオンリーでしたが,

信用取引はレバレッジをかけすぎない,
売りと買いの両方を行うことによって
追証になる事態をさけることができますので,
実際に信用取引を始めてみて思うことは,
信用取引はそんなに怖くないということです。

それに,信用取引をすることにより
空売りを利用することができますので,
怖いというよりはリスクヘッジができる安心感を
むしろ感じるようになりました。

なので,最近私は空売りから入り,
利益がのれば,安値で買っていく
というトレードスタイルがとても気が楽に感じてます。

もちろん,買いから入ることもありますが,
その場合,買いから入り,下げられたら,
すぐに売りヘッジをかけて,損失を限定し,
その後,建玉の操作でなんとかプラス利益に
もっていくようにしています。

最近は買いのみとか,売りのみとかだと,
ちょっと落ち着かない感じですね。

買いポジでも売りが少し入っているとか,
売りポジでも買いが少し入っている状態だと,
なんとなく気持ちに余裕ができる感じです。

両建てだと,上がっても下がってもいいので,
心にゆとりができるみたいです。

空売りを覚えてからはトレードが楽しくてしょうがないです。

どんな爆下げの日でも売りポジを少しでも持っていると
冷静に相場をみることができますので。

トレードをするなら,絶対に空売りのスキルは
身に着けておくべきだと思います。

スポンサーリンク