おはようございます。

しばらくブログの更新を怠ってました。

どうもすみません。

日々、ツイッターでツイートしてるので、

日々のトレードに関してはそれでいいかと思って

ブログの更新をしてませんでした。

これからは、ツイッターだけでなく、

余裕があるときには、ブログの更新もしていこうと思います。

さて、2019年に入り、お正月気分もどこへやらという感じで、

気が付けば、早くも2月になっているという時の経つ早さに

今更ながらに驚いています。

今のところ私のトレードはまだ手探り状態といった感じですが、

2019年になりましたので、

2018年の私のトレードを簡単にまとめておきたいと思います。

2018年は、前半までは

1銘柄固定でうねり取りをしていたのですが、

全然うねらなくなり、この銘柄もう無理!と投げて、

かなりの損失をだしてしまいました。

普通、うねってる銘柄は、下がれば、

次は上がっていくものなので、

その上げをとるために2018年前半、

ずっと買い下がりをしていたのですが、

いくら買っても、全然上がる気配がなく、

これはおかしいと思ってその時点でロスカットして、

ポジを解消したのですが、

まあ、後から冷静に考えれば、

うねり取りをしていた銘柄の会社の業績がかなり悪く、

赤字経営になっていたので、

業績が悪いと分かった時点でうねり取りをするのを

やめればよかったものを

3年以上やってきた銘柄なので、動きに慣れていたこともあり、

しかも、225採用銘柄でもあるし、

これまでも赤字でも上がるときは上がってたしで、

しばらくすれば、また上がるだろうという

甘い読みで買い下がりをやって、

結局、まったく上がらず、

最後はとんでもないことになって、

大きな損失となってしまいました。

まさか225銘柄なのに上場廃止(予定)になるなんて、

ほんと、想定外でした。

まあ、相場はいつ想定外の事態が起きるか分からないので、

そのつもりで、たとえ、上場廃止になったとしても

退場しないポジメイクを心掛けていたので、

今でも生き残れていますが、

相場はほんと怖いです。

2018年前半は、そのうねり取り銘柄と

もう1つ、トレード始めてわずか2か月ほどで

塩漬けてしまった銘柄、

諸事情あり、なかなかロスカットできないので、

その銘柄が上に上がれば、空売りして、

下がれば、買い戻ししてをずっとやっているのですが、

その銘柄もうねり取り銘柄同様に

昨年、極端に動きがおかしくなり、

それまで割ったことがないラインまでも割り込み、

相当ひどい状況になってしまいました。

しかも、現物を損切りできないなら、

ひどい状況になった時に即座に全ヘッジするなり、

それなりの対応をすればいいものを、

その時点でうねり取りをやっていた銘柄で

大損失を出していたこともあり、

トレード恐怖症になっていて、

ポジを取るのが怖くて、

ただ見ているだけという

今ならありえない対応をしてしまい、

さらにひどいことになってしまいました。

ちなみに、その塩漬けは2019年に入ってからは

全ヘッジしており、

今以上に損失が出ないようにしてはいますが、

全ヘッジするなら、

これまでにそのチャンスはいくらでもあったのに、

なぜ、今まで一度もそれをしなかったのか、

自分でも不思議なくらいで、

ほんと、どうしようもない対応を今までしてきたものだと

自分でもあきれるばかりです。

話を元に戻すと、2018年の夏までは

1銘柄固定のうねり取りと、

塩漬け銘柄に対する空売りトレード、

それから先物を少しだけやっていたのですが、

うねり取り銘柄の大損失によって精神的にやられてしまい、

夏から2ヵ月ほどトレード恐怖症のため、

ほとんどトレードしてませんでした。

いつもなら、ポジを取るべきところでポジを取るのが怖くて

ザラバを見てはいるのですが、

手が全く動かず、

ただみてるだけの日々を2ヵ月くらい過ごしました。

その間、自分のトレードスタイルが悪かったのではないかと、

あれこれひたすら考え続けていました。

そうこうするうちに、次第にトレード恐怖症も収まって来て、

このままザラバだけみていては、何も始まらないと、

8月後半からトレードを再開してみることにしましたが、

1銘柄固定ではないトレードを後半はしてみようと

今までほとんどやったことのない単発で

いろんな銘柄を取るスタイルでトレードを

してみることにしました。

そのとき、チャンスだと思う銘柄にその都度入り、

短い時間で取っていくのですが、

これが意外と、うまく行き、

小さな利益がこつこつ積みあがっていきました。

お陰でトレード再開してからずっとそれなりのプラス利益で

回していたのですが

2018年の年末に年越しリスクを避けて、

その時点で持ってたポジ、

含み益であろうと、含み損であろうと、

ほぼすべてのポジを解消し、

塩漬けの1銘柄と、もう1銘柄

あと両建てしてる先物だけ残して

年越しをすることにしたので、

その利益をある程度削ってしまうことになりました。

しかし、多少利益は削られたものの、

結局、2018年の後半はプラスで終わることができました。

相場の神様に感謝です。

どうもありがとう。

ただ、前半の大損失の補てんまではいかなかったのが

残念なところではあります。

ちなみに、先物トレードも2018年は少しはやっていたのですが、

現物がメインでこちらはほとんど損益なしで終わりました。

こんな感じで2018年のトレードを終えたのですが、

結局、どのスタイルのトレードが自分に一番あってるのか、

なんだかよく分からなくなってしまいました。

基本的には銘柄固定のうねり取りが一番自分にあってるとは思うのですが。

ひとまず、2018年のトレードを振り返ってみました。

スポンサーリンク