トレードを始めた頃は,損失を出すのではないかと思うと
なかなかエントリーができないものです。

実際,私はそうでした。

株は怖い,大損する,というイメージを持っていました。

損失を出したうえに手数料まで取られるのは
やってられないと思ったものです。

ただ,手数料に関しては証券口座開設キャンペーンなどで
一定期間無料のサービスがある証券会社がありますので

そのようなところを利用すれば,
手数料に関しては気にする必要はないでしょう。

問題はトレードによる損失の方です。

エントリーしてすぐに逆行すると,

あっという間に評価損になります。

そうなると,ドキドキハラハラを
ずっと続けることになります。

特に,トレードを始めた頃は,
エントリーのタイミングがよく分からずに
エントリーをするものですから,

評価損にすぐなってしまいがちです。

そのため,トレードに恐怖を感じるように
なってしまいます。

では,なぜ恐怖を感じるかですが,

それは,おそらく,損失額,評価損の額では
ないでしょうか。

トレードにおいては日常生活の金銭感覚とは
まったく別の次元で金額が動きます。

そのため,利益が出るときはものすごく嬉しいものですが,

反対に,損失になるときはものすごく落ち込みます。

それがトレードの醍醐味でもあるのですが,

トレードを始めた頃は日常生活の金銭感覚のままですから
なかなかそのような非日常的な金銭感覚に慣れません。

そのため,トレードは怖いと思ってしまい,
なかなかエントリーができなかったりします。

しかし,トレードがうまくなりたければ,
やはり自分の大切な自己資金を使って
トレードをしなければ,なかなかうまくなりません。

デモトレードなどでいくら経験を積んでも
自己資金を本当に失う恐怖を味わうことができないからです。

そのため,デモトレードでトレードが上達したと思っても
実際に自己資金を使ってトレードをすると,

損切りがなかなかできずに大損することがあります。

そのようにならないためには,
やはり自己資金を使ってのトレード経験が必要です。

しかし,自己資金を使うのは怖い,と思うのであれば,

自分が怖さを感じなくなるレベルまで
ロットを落とすのがよいです。

株の銘柄の中には100株単位で買える株が
いろいろとありますので,

まずは,そのような銘柄を扱ってみるとよいでしょう。

100株ではなかなか利益が出ないと思うかもしれませんが

トレードのスキルが上達するまでは,

いかに利益を出すかよりも,
いかに損失を出さないか

を考えた方がよいです。

たいしたトレードスキルがないまま大きく稼ごうとすると,

必ず大損をすることになります。

もちろん,ビギナーズラックによって
最初から大きく稼げることもあるでしょうが,

そのようなことはなかなか続かないものです。

トレードに恐怖を感じるのであれば,

エントリー後,多少逆行しても
その評価損に精神的に耐えられるロットで
最初はトレードをするとよいです。

1万円の評価損には耐えられないけど,
1000円なら大丈夫というのであれば,
そうすべきです。

1000円も厳しいというのであれば,
数百円レベルでもいいかもしれません。

手数料が無料であれば,
数百円レベルでもトレードの練習になるでしょう。

ただ,数百円レベルになると,
損してもたいした額ではないからと

エントリーがいい加減になってしまうかもしれませんので

やはりある程度のロットは必要ではないかと思います。

私は最初は100株から始めて,
少しずつロットをあげていきました。

それで,大負けすることなく利益が出たので
調子にのって3万とか,4万株でトレードをしてしまい
結局は,大損をするはめになってしまいました。

その原因は,ロットが小さいときは損切り額が小さいので,
躊躇なく損切りができたのですが,

ロットが大きくなると,損切り額がすっごく大きいので
なかなか損切りができず,ホールドしてしまい

さらに,損失額を増やすという悪循環に陥り
大損失となってしまうわけです。

トレードは損切りから考えろという言葉通り
まずは,自分が躊躇なく損切り出来る額で
トレードスキルをひたすら磨き

トレードが上達してからロットをあげるなりして
大きく利益を出すことを考えるのがよいでしょう。

トレードが怖いのであれば,

最初は,いかに損失を出さないかを考え,
自分が恐怖を感じないレベルまでロットを落として
トレードを始めて下さい。

スポンサーリンク