3月相場が終わり、
これで今年度の相場が終わりましたね。

今年度、お疲れ様でした。

3月のトレードについて簡単にまとめておきます。

3月は終わってみれば、個別は、
売り専用銘柄1つのみのトレードとなりました。

いつもの銘柄固定のトレードスタイルに戻った感じです。

この売りポジは、上がれば、売りをひたすら
繰り返してるだけのポジなので、

買いの利益を取ることは基本ありません。

いつ上がるか、まったく分かりませんので、

上がるの待って、ひたすら売りで取るだけの
お仕事を数年間やっています。

おそらく、この先もずっとこの仕事を
やり続けるのでしょう。

この売りポジは、現物が高いところで
捕まったままになっているので、

さっさと現物LCしてポジ解消すればいいだけなのですが、

それが諸事情でできない以上、

下げによる損失が発生しないようにフルヘッジかけて

上がれば、売り上がりをしてるところです。

売りでひたすら利益を積み上げて、

その利益でヘッジでつないでいる評価損を
少しずつ減らしているわけです。

このように評価損を少しずつ減らすメリットは、
税金対策でもあります。

年間損益がプラスになって
2割の税金を取られそうになれば、

そうならないように、

フルヘッジでつなでいる評価損を確定損にして
うまく税金対策をするわけです。

税金で2割取られるくらいなら、

評価損を減らした方がはるかにいいですから、

評価損の減らし方を上手にコントロールして

資産全体が増えるようにしているわけです。

ちなみに、フルヘッジをかけるには、
それなりにコストがかかるのですが、

フルヘッジに使ってる資金は、
現物の評価額の範囲内でおさまっているので、

今のところキャッシュはすべて売り上がりのために
使うことができています。

ちなみに、この銘柄で売り上がりをせず、

他の銘柄で利益を出してもかまわないのですが、

この売りポジは、上がれば、
どこかで必ずといっていいほど落ちてくるので、

売りでひたすらとっているわけです。

また、3月はこの個別のトレード以外に、

先物の秒トレ、分トレの練習をバーチャで

そして、実弾でしてみたのですが、

日足スイング専門の私には、
やはりそういうトレードは難しく、

今のところそういう手法で利益を上げ続けるのは、
とてもできそうにない感じです。

ちなみに、先物の3月の損益は、

ツールの使い方の不慣れによる
誤発注による損失のせいで

利益を減らしてしまいましたが、

なんとか、先物もプラスで終わることができました。

4月からも引き続き、秒トレ、分トレの練習を
してみようとは思っていますが、

自分にあったトレードスタイルでトレードした方が
はるかに利益をだしやすいと思いますので、

ある程度やって結果がでなければ、

これまで通り、日足スイングメインで行こうと思ってます。

とまれ、3月の利益は、個別1銘柄の売りと
先物だけの利益ではありましたが、

2月と同じくらいの利益を出すことができましたので、

相場の神様に感謝です。

どうもありがとう。

来週からは新年度が始まりますので、

さらに精進していきたいと思います。

スポンサーリンク