安きを買い、高きを売る

このことば、日々相場を張っていると、それが痛いほどよく分かる瞬間がある。

相場で利益を出すには、安く買って、高いときに売ればいい、ただそれだけのことである。

しかし、実際の相場においては、なかなかこのことば通りに行動できないことが多い。

だいたいにおいて安く買えるときは、多くの人が売っているときであり、多くの人が売りたくなるようなときにあえて買う勇気が普通はない。

だって、多くの人がいらないって売ってるのに、それをわざわざ買うのもどうかと普通は思う。

しかし、過去における株価の変動をみると、どんなに安く株価がなろうとも、その会社が倒産や上場廃止にでもならない限り、いずれ時がくれば、上がっていくのが普通である。

その事実を知ってはいても、いざ株価が安くなり、今が買い場と思えても、どのくらいの人が実際に買えるだろうか。

だいたいにおいて安いと思って買うと、そこからさらに安くなることが本当に多い。

しかも、買ったところからさらに下がると、どこまで下がるのか、不安だらけである。

さらには、そのようなときは、巷にあふれる情報も、なぜか悲観的なものが多かったりするので、なおさら恐怖を感じるばかりである。

誰もが恐怖を感じるところが買い場とはよく言うけれど、実際にそのようなときに買うには、それなりの技術がいるのである。

まさにそれが分割売買であり、分割売買を前提とした資金管理が重要なのである。

スポンサーリンク