信用取引の魅力はいろいろとありますが,
手数料の安さは見逃せません。

ただし,金利や貸株料の問題がありますので,
信用取引は短期でのトレードに向いているように思います。

さて,信用取引はレバレッジをきかせられることも
魅力の1つと言えますが,

レバレッジは怖いというイメージがあり,

信用取引をしていても建玉合計金額を保証金の範囲内にして
トレードしている人もいるかと思います。

しかし,そのときに気を付けないといけないことは,
たとえ保証金の範囲内であっても,

信用建玉が評価損になった場合,
その評価損や諸経費などが保証金から引かれて
保証金金額が日々決まりますので,

レバレッジをきかせていないつもりでいても

評価損が大きくなれば,
追加保証金が発生してしまうことがあります。

なので,信用取引をするときにはそのことを考えてトレードしないと

とても恐ろしいことになりますので,
気を付ける必要があります。

結局,信用取引の場合,評価損が大きくなる前に
損切りをしないといけないということでしょうか。

信用取引でのトレードには気を付けたいものですね。

スポンサーリンク