先週から信用取引を始めることになり、
信用取引のリスクを常に考えながら、
まずは空買いから始めてみました。

買いから入ったのは、多くの銘柄が現在底値圏にあるので、

これ以上、下がる余地がほとんどなければ、
買いから入るのは自然かなと思います。

さて、信用取引の魅力はいろいろありますが、

そのうちの1つが空売りができることです。

空売りとは株を借りてきて高値で売って、
安値で買い戻して返済するという方法で
下落相場でも利益を出せるのが魅力です。

株をいつも買うとき、すぐに下落するのではないか
という恐怖がありましたが、

空売りの場合は下がってくれたら、万々歳ということなので、
精神的に気が楽なような気がします。

しかし、空売りの場合、踏み上げなどによって、
空売りした株価より株価が上がってしまうと、

その損失は理論上、青天井になってしまいますので

買いの場合より、はるかに怖いと言えます。

空売りしていた銘柄が次の日からストップ高連発で
なかなか値が付かなかったりすると、

どのくらいの損失になるか想像もつきません。

そういう意味では空売りは買い以上に怖いと言えます。

空売りの場合、そのようなリスクをつねに考えながら
トレードをしていかなければなりませんが、

株式市場が全体的に弱気の時であれば、
空売りはかなり威力を発揮するのではないかと思います。

また、株が下がる時は、いっきに下がることが多いので、

たとえば、1ヶ月以上かかって高値圏まで来たのに、
底値圏まで行くのには3日しかかからない、

なんてことは、結構ありますから、

空売りがうまくはまれば、短期間で利益を出せるのもグッドです。

そこで、空売りをする機会を探しているのですが、

現在、多くの銘柄が底値圏にありますので、
なかなかそのチャンスがありません。

もちろん、現在、高値にある銘柄もあるにはあるのですが、

現在のような弱い相場環境においても高値圏にある銘柄というのは、
かなり強いのではないかと思い、とても空売りする勇気はありません。

また、底値圏にあるといっても、そこでも上下に株価は動くので
その下げ局面をとらえればいいのですが、

現在、上に行くのか、下に行くのか、日々揺れている感じで

このような状況で空売りするには勇気がいりますね

買いであれば、今が底値圏なので、少し下がっても
しばらくしたら上がる可能性が高いかなとは思えますけど。

現在、こんな感じですので、まだ空売りで利益を出せないでいますが、

チャンスが来たら、空売りを狙ってみようと思います。

空売りは難しいのかという問いの答えですが、

どこで仕掛ければよいのか、そのタイミングをはかるのが難しいですね。

いずれ空売りのコツをつかめば、記事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク