トレードをしていると,いつも何らかの判断を迫られます。

その都度,最善だと思われる判断をするのですが,

あとから結果をみてしまうと,

「こうしておけば,よかったのに」と後悔することがあります。

しかし,結局,それは「タラ」,「レバ」の話であって,
いくら後悔しても現実は何も変わりません。

トレードは結果が分かっていれば,
とても簡単なわけで,

相場がどう動くか分からないなかで
トレードをしていかなければならないので,

あとから結果をみての後悔は意味がないと思います。

トレードの結果が自分の納得がいかないものでしたら,

なぜ,そのようなトレード結果になったのか,

そのとき,そのときの判断が正しかったのかを
検証して,反省していかなければなりません。

行ったトレードが失敗トレードだと思うのであれば,

その失敗トレードから多くを学ぶことによって
トレードのスキルが上がっていくわけです。

なので,後悔するくらいなら,しっかり反省して
同じ判断ミスをしないことですね。

かく言う私も,結果を知ってしまうと,

普通の人間ですから,
後悔することが多いのですが,

反省すべきところは,しっかりと反省し,
次のトレードにつながるようにしています。

その積み重ねでいつかはトレードがうまくなって
いくのだと思います。

トレードでは反省はしても,後悔はしないことですね。

スポンサーリンク